How to write Japanese Characters in Kubuntu 15.04 using fcitx

Kubuntu 15.04 now has fcitx as the default input method for Asian languages, including Japanese. But as I installed it in English, fcitx were removed at the end of installation. Previously, I used to have ibus-anthy to write Japanese characters. Now, I give a try to fcitx-mozc for doing that. Mozc engine is developed by Google –as I know so far. And here is a post that describes how to setup fcitx-mozc in Kubuntu 15.04 for writing Hiragana, Katakana or Kanji. I quoted it from a japanese blog. Just ask Google to translate it. 😀

インストール後ログインして、次のコマンドを実行して必要なパッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc kde-config-fcitx

fcitxに切り替えます。

$ im-config -n fcitx

一旦ログアウトして再ログインします。

下部のパネルを右クリックして、[Panel Options]-[Add Widgets]で追加できるウィジェットの一覧を表示し、一番下の[入力方法パネル]をダブルクリックしてパネルに追加します。

[入力方法パネル]はパネルの右端に表示されるので、半角/全角キーを押してFcitxをオンにすると全体のアイコンが増えて左にずれ、もう一度押してFcitxをオフにすると右にずれるので、非常に鬱陶しいです。この場合、[Panel Options]-[Panel Settings]をクリックし、ポインターを[入力方法パネル]のアイコンまで移動して[入力方法パネル]という文字列が真ん中に出てきたら、左にドラッグします。

(このUIもう少しどうにかならんかったのかなー。ウィジェットを消す場合は名称の横に出るバツをクリックするとかわかりにくいから……)

Fcitxの設定を変更する場合は、[入力方法パネル]アイコンを右クリックして[Configure Input Method]をクリックします。

見た目はちょっと違いますが、設定できる項目は通常の設定ツール(fcitx-config-gtk3)と概ね同じです。

動いているイメージはこんな感じです。

注釈(じゃなくてなんだっけ?)もちゃんと表示されてます。

via Kubuntu 15.04でFcitxを使用する方法 – いくやの斬鉄日記.

Advertisements

Published by

Badwi

A Muslim, sober, a Javanese

Share your idea here (markdown enabled)

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s